ショップ

北欧ショップインデックス

Karf 目黒店

家具・インテリア

飽きが来ない、永く使えるシンプルなコーディネート。

インテリアショップが数多く並ぶ目黒通り。そのスタート地点とも言える、大鳥神社交差点の近くにある3階建ての大きなインテリアショップ、『Karf 目黒店』。通りに面した建物は外からの採光が良く、実際にお家の中に置いた時のシュミレーションをする感じで家具を見ることが出来るのも魅力のひとつです。

『Karf』では、北欧、主にデンマークのデザイナーの家具と、北欧テイストを取り入れて日本で作製している家具の両方を取り扱っています。シンプル、飽きが来ない、永く使えるというのが『Karf』のコンセプト。素材感を大切に、素材との組み合わせを軸に、お客様の要望を聞いた上でシンプルなコーディネートを提案しています。

北欧のインテリアやファブリックは自然のものモチーフにしたものが多く、お家の中でも自然の中で暮らしているような、ゆったりとして気分になれるのが特徴であり、日本でも人気のある所以です。デザインの良さもさる事ながら、実はとても機能的な家具が多いのです。例えば、ダイニングテーブルは、天板が伸長式で必要に応じて長さを変えられるものであったり、テーブルも脚が組み立て式になっていたり、こう言うところが日本の住宅事情にもマッチしているのではないでしょうか?

Karf 目黒店
木の温もりを感じられるソファーとテーブル。照明器具のデザインも豊富
Karf 目黒店
3階フロアは、家の中をイメージしたレイアウト。食卓の椅子も違う種類のものを上手に組み合わせています。

家具を「選ぶ」だけでなく、「誂える(あつらえる)」という発想

『Karf』で使っている木材は、主にホワイトオーク、ウォールナット、アッシュなど。仕上げはオイルフィニッシュと言って、木そのものが持つ自然の質感を大切にしたものが多く、使い込んで木にシミが出来ても、それもまた家具の味わいとして生かせるような仕上げになっています。見た目の印象も柔らかく、ついつい手で触れたくなってしまうようなものばかり。

シンプルな分、他の家具と合わせやすい事も北欧家具の強みとも言えます。なるほど、店内のコーディネートを見てみると、ダイニングテーブルに合わせるイスもよく見ると3種類違うものを取り入れていたり……。「必ずしも、全て同じもので揃えなくても違和感ないですよ。」 お店の方のアドヴァイスもとても説得力があります。

また3階では、「ORDER MADE DESIGN STUDIO」と言って、色や形など、お客様のイメージやご要望に応じてデザインした家具を作ってくれます。家具を「選ぶ」だけでなく、「誂える」という発想です。照明器具も多く取り扱っています。お家で過ごす時間をより快適にするためのアイディアのヒントが、ここには沢山あります。

Karf 目黒店
北欧の伝統的なモチーフである葉をイメージして作られたシリーズを中心に。 自然に包まれているような空間。
Karf 目黒店
機能美とデザイン性を兼ね備えた家具は、永く使える理想的なインテリア。

Karf 目黒店

HP http://www.karf.co.jp/
住所 153-0063 東京都目黒区目黒3-10-11
電話 03-5721-3931
営業時間 11:00-19:00
定休日 水曜日(祝日の場合には営業)

TEXT : 曽根瑞穂

BACK NUMBER