ショップ

北欧ショップインデックス

AURUM(アウルム)

ジュエリーデザイナーであるオーナーが厳選した作品が並ぶ、ミュージアムのようなセレクトショップ。

『AURUM(アウルム)』は、レイキャビクのメインショッピングストリート、ロイガベーグル通りにあるセレクトショップです。国内に限らず国外でも注目を浴びているアイスランドデザイナーの作品や、デンマークやフランス、イギリスなど近隣のヨーロッパ諸国のデザイナーの作品を展示販売しています。これらの作品のほとんどは、オーナーが自ら展示会に足を運び、厳選したもの。

AURUM(アウルム)

実は、『アウルム』のオーナーであるグズビョルクはジュエリーデザイナーであり、セレクトショップの隣には、彼女がデザインしたジュエリーがディスプレイされたジュエリーショップが併設されています。ジュエリーショップとセレクトショップは中でつながっていて、店内はモダンミュージアムのよう。お客さんがじっくり作品を鑑賞したり、うれしそうに作品を眺めたりしている光景をしばしば目にします。

オーナーのグズビョルク。親日家であるグズビョルクの影響で、『アウルム』では日本ブランドも多数取り扱っています。
オーナーのグズビョルク。親日家であるグズビョルクの影響で、『アウルム』では日本ブランドも多数取り扱っています。
グズビョルクが雪の結晶からインスピレーションを得て制作したネックレス
グズビョルクが雪の結晶からインスピレーションを得て制作したネックレス。
毎年レイキャビクで3月に開催されるデザインフェスティバル『デザインマーチ』中の店内の様子。
毎年レイキャビクで3月に開催されるデザインフェスティバル『デザインマーチ』中の店内の様子。

アイスランド人デザイナーたちのマインド。キーワードは『サステナビリティ』。

グズビョルクがセレクトする作品たちは、彼女のセンスにかなうもの、機能性が高いものなどいろいろポイントがありますが、中でも『サステナビリティ』がキーワードのひとつ。生産過程や素材は環境保全に配慮されているものか、工場などで働く人々の人権はちゃんと守られているか、などといった視点は、グズビョルクに限らず多くのアイスランド人デザイナーが気にかけていることなのです。ここでは、『アウルム』で取り扱っている『サステナビリティ』に配慮したアイスランド・ブランドの作品を幾つかご紹介します。

As We Grow(アズ・ウィ・グロウ)

アイスランドの代表的な子供服ブランド『As We Grow(アズ・ウィ・グロウ)』も、サステナビリティに対する意識が高いブランドのひとつ。ファストファッションに疑問を投げかけ、素材にはアルパカやピマコットンなど高品質のものを使い、子供たちに出来るだけ長く着てもらえるようトレンドに左右されることなく、デザイナーが独自のインスピレーションや感性でデザインしています。
『As We Grow』は、多くの子供たちに『おさがり』として代わる代わる愛用されたひとつのニットセーターからインスピレーションを受けています。子供たちに長く愛用されることで、服が更に価値あるものとして生まれ変わると考え、同時に製造過程と環境に敬意を表しています。

http://aswegrow.is/

As We Grow(アズ・ウィ・グロウ)

KRUKKA(クルッカ)

廃材を再利用した家具ブランドKRUKKA。原色系の鮮やかな色使いと家具職人による丁寧な手作業で、廃材に再び命が吹き込まれます。2012年、イノベーションの観点から『プレジデンシャルアワード』という名誉ある賞をアイスランドの大統領から授与されました。

https://www.facebook.com/Krukka.Design

KRUKKA(クルッカ)

UMEMI(ウメミ)

結び目からインスピレーションを受けているクッション。アイスランドシープのウールを使っていて、レイキャビクにあるスタジオでデザイナーがひとつひとつ丁寧に手作りしています。

http://www.umemi.com

UMEMI(ウメミ)
UMEMI(ウメミ)

レイキャビクにいらっしゃる機会があれば、ぜひ『アウルム』に立ち寄って、レイキャビクのデザインシーンを感じ取ってみてくださいね。

AURUM(アウルム)

HP http://aurum.is/index.php?sl=JP(日本語)
住所 Bankastræti 4, 101 Reykjavík, ICELAND
電話 +354 551 2770
メール info@aurum.is

TEXT : 大丸智子

BACK NUMBER