ライフスタイル

北欧現地便り

ムーミン・イヤー始動

今年はなんとトーベ・ヤンソン生誕100周年

日本でも原作をはじめアニメ、コミックス、数々のキャラクター商品と幅広い人気を誇るムーミンですが、今年はなんとトーベ・ヤンソン生誕100周年というムーミン・イヤー。

現地フィンランドでは、昨年秋に出版されたトーベ・ヤンソンの評伝(伝記)をはじめ、3月には国立美術館アテネウムにて大規模なトーベ・ヤンソン回顧展が開催されます。この回顧展は、今まであまり知られていなかった画家としてのトーベの作品を幅広く取り上げるそうなのですが、なんと秋に日本も巡回するので、後日またご紹介したいと考えています。記念グッズとしては切手やコインをはじめ、子供服やトレイ、ボードゲーム、キャンドルスタンド…… といったものがこの一年間販売されるようです。その多くがユニセフと共同企画で収益から募金されるものが多いようですよ。

デパートのTove100コーナー
デパートでも目立つところにTove100コーナーで限定マグとふた付きジャーがディスプレイ。
プレミアムーミンマグ
お友達がゲットしたプレミアマグを撮らせてもらいました。このめがねは絵本、『ムーミン谷へのふしぎな旅』でスサンナという女の子が野原でひろっためがねをかけて冒険するというエピソードから。童話だけでなく、水彩が美しいトーベの絵本もおすすめです。

ムーミングッズはフィンランド人も大好き

さて、ではフィンランド人にとってムーミンのグッズと言えばなんでしょう?

きっと多くの人があげるのが、子どもの頃に貰ったアラビアのマグやお皿といった食器、スプーンやフォークなどカトラリー、そして寝るときにお世話になるベッドリネンやタオルと言ったテキスタイル製品ではないでしょうか。マグカップなどはフィンランド人でも集めていてもう棚に入りきらない! という知人もちらほら。また、トーベ・ヤンソンのイラストを額に入れるというコーディネートもいくつか並べるとかわいらしいものです。

友人宅に子連れでお邪魔したりするとキャラクタ―違いのムーミンのお皿とマグでケーキとコーヒーを振舞ってくれたりすることもあり、とてもにぎやかなテーブルになります。

ご自宅で取り入れやすいのはダイニングでは食卓を中心にムーミン・グッズを使ったコーディネート、インテリアとしてはベッドリネン類をもとにコーディネートするという方法でしょう。水回りにスティンキーやスニフのタオル、というのも手軽で面白いでしょう。

ムーミンタオル
タオルで洗面スペースもハッピーに。これは女の子連れの友人が遊びに来る時にいいかな、と。スノークのお嬢さんはピンク。
ミィとスノークのイス
同じシリーズでミィとスノークのおじょうさん。ミィは靴、おじょうさんのほうはそれらしいまぁるい足。

TEXT : セルボ貴子

BACK NUMBER