ライフスタイル

北欧現地便り

フィンランド人家庭のサウナルームは、おもてなしと社交の部屋

フィンランド発祥のサウナ。本場のサウナは伝統的

銭湯やスパ施設などでおなじみ「サウナ」がフィンランド発祥であることは、今日の日本でも良く知られていますね。ただし、本場のサウナには赤外線ヒーターなんていうものはありません。伝統的には薪を燃やして、あるいは現代では電気オーブンを温めて、入浴前にサウナストーブに敷き詰められた香花石を十分に熱しておきます。そこにひしゃくで随時水をかけて、じゅわっと立ち上ってくるあつあつの蒸気に素肌をさらす…… というのが元祖サウナの愉しみ方。
さらに、熱い蒸気を浴び続けるだけでは頭に血が上ってしまうので、ときどき退室して冷水シャワーを頭から浴びたり、屋外では湖にドボンと体を沈めたり雪に体をこすり付けたりしてクールダウンし、そしてまたサウナに入って…… を何度か繰り返すことで、体が芯から温まるだけでなく、血行や新陳代謝までもが良くなるというわけです。

フィンランド人にとってのサウナ浴文化は、日本人にとっての入浴文化そのもの

サウナは今日、公共スパ施設や湖畔のサマーコテージだけにある特別な場所ではなく、ごく一般家庭にだって当たり前に存在し、ごく日常的に利用されている生活空間の一部です。一戸建ての家には、シャワールームの奥にたいがいファミリーサイズのサウナ室がついていますし、田舎地方の敷地の大きな家では、母屋のそばにもう一件ゲストルーム付きのサウナ小屋を有している家庭も少なくありません。また賃貸アパートや学生寮であっても、小さめの個室サウナか、アパートの住人たちが利用時間を決めてシェアするサウナがあるのが普通。 フィンランド人にとってのサウナ浴文化は、まさに日本人にとっての入浴文化そのものなのですね。

一軒家のシャワールームの奥に設置された、ファミリーサイズのサウナルーム
一軒家のシャワールームの奥に設置された、ファミリーサイズのサウナルーム
敷地の大きな家には、庭に別棟のサウナ小屋があることも
敷地の大きな家には、庭に別棟のサウナ小屋があることも

サウナをおもてなしの空間として活用するのがフィンランド人ならでは

特にマイホームにサウナを持っている家庭では、ファミリーが日常的にリフレッシュ目的に利用するだけでなく、なんとサウナをおもてなしの空間として活用するのがフィンランド人ならでは。古来フィンランドでは、サウナのなかでは性別も国籍も身分もみんなイーブンになって、居合わせた人との平穏で心地よい交流を楽しむ権利が守られている、と伝えられてきました。その考え方の名残でもあるのか、ホームパーティや知人の訪問の際に、「ぜひサウナに入っていってください」とストーブを温めておくのは、「うちで心ゆくまでくつろいでいってください」という、訪問客に対するホストからの歓迎と友好の意の現れなのです。企業のオフィスにも外来客用のサウナが付いていることが珍しくなく、互いに素っ裸でリラックスしながらのビジネス商談は、交渉成立に結びつきやすいという考え方まであるほど。

木のベンチに座り、サウナストーブにひしゃくで水をかけてあつあつの蒸気を浴びる
木のベンチに座り、サウナストーブにひしゃくで水をかけてあつあつの蒸気を浴びる

居住空間のなかでも日頃からのお手入れや心遣いが欠かせない特別な一角

ホームパーティにおいては、少人数の友人同士の場合は、男女別に時間を決めてホストも一緒になって入ることもありますし、複数のカップルや親戚を招く場合は、パーティ時間の裏でペア/グループごとに順次交代して楽しんでもらえるよう、ホストが次々に促します。大人数が押しかけるパーティでは、「各自バスタオルとサウナ用ドリンクを持参してください」と呼びかけられるのも普通ですし、こんな時に備えて、たくさんの来客用バスタオルやサウナドリンクを常備している家庭も少なくありません。このとおり、サウナ室とシャワールームは、いつなんどき来客が脱衣してくつろぎにやって来るかわかりません。だからこそ常に清潔に、そしてマイホームサウナをより愉しんでもらうためのアイテムを整えておくなど、居住空間のなかでも日頃からのお手入れや心遣いが欠かせない特別な一角です。

サウナの必需品は、タオル各種とベンチマット、シャワージェルなど
サウナの必需品は、タオル各種とベンチマット、シャワージェルなど
サウナ用品専門店に行けば、桶とひしゃくだけでもこんなに種類豊富
サウナ用品専門店に行けば、桶とひしゃくだけでもこんなに種類豊富

TEXT : こばやしあやな

BACK NUMBER