ライフスタイル

北欧現地便り

デンマークのユニークなクリスマス

普段はのんびりしているデンマーク人ですが、12月に入ると大忙しになります。というのも、1年の最大イベントであるクリスマスを前にすべきことが満載になるからです。クリスマス休暇に入る前に年内の仕事を片付けなければならないのはもちろん、会社や友達の間ではクリスマス会が目白押し。さらに、共にイブを過ごす人へのプレゼント購入もしなければなりません。今回はデンマーク人のクリスマスの過ごし方について、ご紹介させていただきます。

クリスマスマーケット
クリスマスマーケット

デンマーク人にとってクリスマスは、家族や大切な人と一緒に過ごしてプレゼントを交換し合うイベント。11月末から12月上旬になると、まずは自分が欲しいものをウィッシュリストにしてイブを共にするメンバーに伝えます。そして、他の人からもウィッシュリストを受け取ると、買い出しのために街を駆け巡ります。冬の寒い街はクリスマスのイルミネーションで飾られ、プレゼントを購入する人でごった返し、1年で最も賑わいます。

なかでも賑わうのはロイヤルコペンハーゲン本店。毎年恒例、ロイヤルコペンハーゲン本店では、さまざまな分野のデザイナー達がクリスマスディナーテーブルを作品として展示します。エレガントなテーブル、心がほっこりするような温かみのあるテーブル、冬らしくて幻想的なテーブル……テーブルにはデザイナー達の理想のクリスマスが再現されます。

ロイヤルコペンハーゲン本店に展示されるクリスマスディナーテーブル
ロイヤルコペンハーゲン本店に展示されるクリスマスディナーテーブル
ロイヤルコペンハーゲン本店に展示されるクリスマスディナーテーブル

クリスマスショッピングをしていると気が付くことがあります。それはデンマークのクリスマスの主人公はサンタクロースではないということ。北欧のクリスマスの主人公はサンタクロースではなく、サンタクロースのアシスタントであるニッセ達です(スウェーデンではトムテ、フィンランドではトントゥと呼ばれるそうです)。

ニッセは小人の妖精でサンタクロースと同じ赤い帽子をかぶっています。ニッセの役目はプレゼントを包んで届けること。けれど、ニッセは気分屋でいたずら大好き。ニッセの機嫌を損ねると、たちまち、いたずらをされてしまいます。そんな言い伝えから、今でもクリスマスシーズンになるとニッセへの御礼を込めて屋根裏や納屋にバター付きのミルク粥を置いておく習慣が残っています。かわいいニッセ達はショップや家などに飾られ、クリスマスを愛らしく素敵に盛り上げてくれます。

ショップに溢れるニッセ達
ショップに溢れるニッセ達
ショップに溢れるニッセ達

また、デンマークでは本物のもみの木をクリスマスツリーにして、本物のロウソクを灯す習慣があります。ロウソクの火が木の枝や飾りに燃え移らないように気をつけなければなりませんが、ロウソクを囲んでヒュッゲをする(心地いい時間を過ごす)のが大好きなデンマーク人にとってロウソクは必須アイテムです。

もみの木の購入場所
もみの木の購入場所
本物のもみの木に本物のロウソクを飾る
本物のもみの木に本物のロウソクを飾る

最後に、ツリーの下に皆が用意したプレゼントを置くと、物語に出てくるような素敵なクリスマスツリーが完成します。

完成したクリスマスツリー
完成したクリスマスツリー

イブの定番料理はダック、赤キャベツ、カラメルソースを絡めたじゃがいも。

イブの定番料理
イブの定番料理

デザートはリスアラマンド(アーモンド入りのミルク粥)です。面白いのは、デザートを食べながらゲームをすること。リスアラマンドには砕いたアーモンドが沢山入っているのですが、そこに1つだけ丸ごとのアーモンドを混ぜておくのです。そして、丸ごとのアーモンドが当たった人が勝者となり、小さなプレゼントをゲットできます。

イブの定番デザート
イブの定番デザート
デザートゲームの勝者へのプレゼント
デザートゲームの勝者へのプレゼント

ディナー後はクリスマスツリーを囲んで手をつなぎ、ツリーの回りを歩きながらクリスマスの歌を歌います。家族や大切な人と手をつないでロウソクの灯ったツリーを囲むと、温かい愛に包まれた気分になります。静かで神聖な歌がほとんどなのですが、最後はテンポの速い曲。手をつないだまま全速力でツリーを右回りに左回りにリズムに合わせて駆け回り、汗ばんで息が上がってしまうほどです。笑。また、手をつないで歌いながら、一列になって、居間、台所、廊下などに飛び出していくこともあります。こうして、デンマーク人らしく楽しく笑い合って歌の時間が終了します。そして、最後は待ちに待ったプレゼントオープンタイム。みんなで1つずつ開けては丁寧にコメントや感想を述べ、やっとプレゼントオープンが終わるのは真夜中。きっと、楽しかったイブやもらったプレゼントのことを考えながら、幸せな気分に浸って眠りにつくのでしょうね。

プレゼントオープン
プレゼントオープン

TEXT : 針貝有佳

BACK NUMBER