コラム&インタビュー

現地インタビュー

ムーミンカップのデザイナーにインタビュー(前編)。アラビアの大ヒット商品の裏話と、原作者との出会い。

ムーミンといえば、マグカップがアラビア社の大ヒット商品 Photo: Tove Slotte

北欧で最も有名なキャラクターといえば、フィンランド生まれのムーミン! カラフルなマグカップシリーズは日本でも大人気ですね。北欧ご近所のノルウェーでも、生活用品店にはムーミンのマグカップが必ずといっていいほど並んでいます。

トーヴェ・スロッテさんが語る、ムーミンとの歴史

2014年の冬、ノルウェーの首都オスロで開催されたトークショーで、マグカップ専門のデザイナーとして有名なトーベ・スロッテ(Tove Slotte)さんがゲストとして招かれました。

その場で挨拶を交わし、その後メールでインタビューが実現。多くの質問に、スロッテさんが丁寧に答えてくださいました。その内容は、ムーミンファンにとってはわくわくするものばかり。たくさんの写真と一緒に、スロッテさんとムーミンの物語に触れてみてください。

オスロで講演したマグカップのデザイナー、トーベ・スロッテさん Photo: Asaki Abumi

簡単なプロフィールをおしえてください。

フィンランドで2番目に大きな街トゥルクで1957年に生まれました。育ったのは首都ヘルシンキですが、1994年には小さな田舎町にお引越し。アラビア本社でデザイナーとして働いたのは1985~1993年。2人目の娘が生まれたのをきっかけに、1994年から今に至るまでは、自宅をオフィス代わりとして仕事を続けています。本社に足を運ぶのは月に1~2度ほどね。

アラビアによるムーミンの誕生秘話を知るトーベさん Photo: Mie Morimoto

アラビアがムーミン商品の開発に取り組み始めたのはいつ頃?

1957年。こども向けのセットで、当時はプレート、ボウル、2組のマグカップだけでした。装飾はムーミンの生みの親であるト-ベ・ヤンソンさん自身が担当したのですよ。その後、アラビアがムーミン商品をまた手がけるまでに、約30年もの月日を要しました。1990年の秋、アラビアはついにムーミンコレクションを発表したのです。

Photo: Tove Slotte

アラビアで働き始めたきっかけは?

1983年にインダストリアル・アート大学(現在のアールト大学)で陶芸・デザインの修士号を得て、1985年にアラビアでデザイナーとして働き始めました。装飾デザイナーとしての仕事に従事していたことから、1989年に新ムーミンコレクションの企画に興味はないかと尋ねられたのです。

当時、ムーミンはそこまで人気がなかったので、このプロジェクトはかなり実験的な挑戦だったんですよ。日本で製作されたアニメが1991年にフィンランドでリリースされた頃に、関連商品も売り出され、ムーミンの一大ブームがやってきました。

マグカップは特に人気があるわ。私は発売開始当時から関わっているから、もうマグカップとの付き合いは25年になるの!

夫が妻の創作現場を撮影 Photo: Markku Toikkanen

マグカップは全部で何種類?

アラビアから出ているマグカップは全部で68種類、そのうち私がデザインしたのは育児休暇の時期をのぞいて62種類ね。ほかにも、こども向けのマグカップもありますよ。

ひとつひとつのマグカップに思い出が詰まっている Photo: Tove Slotte

マグカップのデザインは原作から?

マグカップのデザインはトーベ・ヤンソンさんの本からのオリジナルが素となっています。これは私たちがヤンソンさん自身と1989年に約束したこと。

私たちは彼女のオリジナルか、兄弟のラーシュ・ヤンソンさんからのデザインしか使いません。本だけではなく、他の古い資料を参考にしたり、私が独自でキャラクターや背景を描くこともあるけれど、オリジナルのスタイルは常に見失わないようにしているわ。

マグカップのデザインの源泉は原書 Photo: Tove Slotte

色の選択はどのようにしているのですか?

メインキャラクターには、カラーガイドが作られていて、肌や服の色が決まっています。だから、ムーミンパパの帽子を茶色にしたりはできないの。陶器の素材の色だけは、常にカラーガイド通りにというわけにはいかないけれど。背景の色は私が決めることができるけれど、プリント技術の関係で、それも7~8色が限界ね。

Photo: Tove Slotte

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンさんに出会ったことは?

あれは1990年の初夏だったわ。アラビアがムーミン商品をリリースするにあたり、私はヤンソンさん本人に始めて出会いました。緊張したわ!デザインした試作品を本人に見せたところ、とても気に入ってもらえて、いくつかアドバイスももらいました。アラビアの高いクオリティも評価してもらえたみたい。

ヤンソンさんは1991年に加齢を理由に、自ら商品に認可をだすのを止めたので、私が彼女に出会ったのは人生で2回だけなの。美しく、親切で、賢い女性でした。

ちなみに、「トーベ」という同じ名前は、「ファンだったから改名したのか」とよく聞かれるわ。「イエス」と答えられたらいいんだけど、実は偶然なの。フィンランドでもあまり普通の名前ではないから、運命みたいなものを感じるわね。

ムーミンの本を読んで育ちましたか?

もちろん!トーベ・ヤンソンさんは、素晴らしい作家であり、楽しいユーモアを兼ね備えた人物だわ。私は小さい頃から原作をみながら、ムーミンのお絵かきをすることが大好きだったの。大人になってからも、原作を読んでいたわ。

ムーミンのマグカップが産まれる製作現場 Photo: Tove Slotte

TEXT : 鐙 麻樹 

BACK NUMBER