デザイン

プロダクト

interiorlifestyle TOKYO 2016

6月1日(水)-3日(金)の3日間、東京ビッグサイトで行われたinteriorlifestyle TOKYO 2016へ行ってきました。
こちらは、インテリア・デザイン市場のための国際見本市です。業者や関係者向けの見本市のため、残念ながら一般の方は入場できないのですが、最新のデザインやアートなど魅力的なブランドや情報がたくさんあって、見ているだけでもワクワクします。見本市初出展のブランドもありました。世界中からキッチン用品、テキスタイル、ファッション雑貨などが集まっていましたが、その中から北欧のブランドを中心にご紹介したいと思います。

DAN BEDDING (ダン ベッディング)

まずは、デンマークからDAN BEDDING (ダン ベッディング)という寝具のメーカーです。上質の枕、敷布団、掛け布団などを製造しています。有害な化学物質は含まない、ふわふわのファイバーボールが詰まっていて、柔らかくいつまでも膨らみを保つことができるそう。喘息や、ホコリ、ダニによるアレルギーにお悩みの方に最適で、洗濯機や乾燥機もOK!お手入れも簡単で理想的な寝具ですね。現時点ではまだ日本では入手出来ないそうですが、近い将来、日本でも購入できるようになる予定だとか。楽しみです。

DAN BEDDING
http://danbedding.com/

ふわふわで良質の寝具
DAN BEDDING

pisadesign (ピサデザイン)

続いては、フィンランドからpisadesign (ピサデザイン)という、テキスタイルブランド。テーブルウェアや洋服、バッグなども手がけています。代表でデザイナーでもある、サテュさんにお会いすることができました!とても愛らしい方です。ちょうど今月から日本での取り扱いも始まったそうで、6月中は新宿の伊勢丹での取り扱いもあるそうです。

pisadesign
http://www.pisadesign.fi/
https://www.facebook.com/pisadesign

バッグや洋服なども手がけています
代表でデザイナーのサテュさん

nisse och josse(ニッセ・オ・ヨッセ)

そして、スウェーデンから初出展のnisse och josse(ニッセ・オ・ヨッセ)。家族の中心である子供達、スウェーデンでの子育てや生活を通して、北欧の人たちが大切にするライフスタイル、生活になくてはならない素敵な“もの”たちを紹介したい、というコンセプトの元に様々なものを扱っています。「北欧の手仕事」であるヘルシングランド地方のキッチンクロスやラップランド地方に伝わる工芸品、ゴッドランドシープなどが展示されていました。カラフルなデザインが目を引くインテリアグッズなどは、まだ日本では馴染みのない新進デザインナーの作品だそう。北欧のデザイナーズブランドを多く取り扱っています。日本での購入に関しては、下記のホームページから問い合わせしてみて下さい。

nisse och josse
http://nisse-o-josse.net/

日本ではまだ知られていないデザイナーの作品を多く扱う
ゴッドランドシープや工芸品なども

ecomfort(エコンフォート)

最後に、日本からはecomfort(エコンフォート)。
以前北欧じかんウェブサイトでもご紹介した”KLIPPAN”(クリッパン)というテキスタイルの総輸入元でもあります。北欧のファブリックやキッチン用品を始め、素材にこだわり、環境に配慮した商品をたくさん取り扱っています。夏に向けてのテーブルコーディネートが楽しくなるような、ナチュラル素材のキッチンファブリックやテーブルウェア、森の恵みともいうべきセルロースで作られたエコな台フキンe.スポンジワイプなどが展示されていました。機能性が良いのはもちろん、デザインも豊富なので、毎日の家事が楽しくなりますね。こちらは、ホームページや実店舗から購入可能なので、ぜひお時間のある時に覗いてみてください。

エコンフォート(イーオクト株式会社)

http://www.ecomfort.jp

北欧の夏を楽しむテーブルセッティング
セルロースでできたスポンジワイプ、森のフキン

TEXT : 曽根瑞穂

BACK NUMBER