デザイン

デザイナー

Lisa Larson(リサ・ラーソン)

陶芸デザイナー

素朴で温かみのある表情豊かなフィギュア

リサ・ラーソンは1931年スウェーデン・ヘルルンダ生まれの陶芸家で大学卒業後、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)からスカウトを受け、当時スウェーデン最大の陶芸製作会社であったGustavsberg(グスタフスベリ)社に入社。26年間の在籍中に動物シリーズをはじめとした約320種類の優れた作品を生み出し、スウェーデンを代表する陶芸デザイナーとして一躍人気を集めています。

1979年に退社後フリーデザイナーとして活躍した彼女は、1992年にKeramik Studion Gustavsberg社を設立。やさしくかわいいコケティッシュな動物や、素朴で温かみのある表情豊かなフィギュアは、本国スウェーデンや日本のみならず、世界中で数多くのファンが急増しています。近年は作品の復刻の他に、日本人アーティストとコラボレーションするなど、精力的に活動を続けています。

リサの作品はスウェーデン人からも本当に愛されていて、クリスマスになると毎年サンタシリーズの新しい作品が出ていて、それを楽しみにしている人も沢山います。リサの作品の多くは遊び心と温かみのある物が多く、リサ自身もとてもお茶目でユーモアある女性だというのは有名です。だからこそそのような楽しい作品が作れるのでしょう。スウェーデンでも特に動物シリーズと世界の子供達シリーズはとても人気で、廃盤になっているものも多いので国内でも年代物は年々価値が上がっています。オークションなどでもリサ・ラーソン単独のカテゴリーがあるほどの人気です。

リサ・ラーソンコレクターはスウェーデンには沢山いて、私自身もその一人ですが、リビングルームの片隅にある彼女の作品達を眺めているだけで心がとても癒されます。その中でも私が一番始めに手に入れた50年代の作品「タックス(スウェーデン語でダックスフンドという意味)」が一番のお気に入りです。素朴な雰囲気だけど、なにげにキュートな顔立ちが好きです。

動物シリーズの中でも日本とスウェーデンで人気のある作品はとても共通していて、一言でいうとちょっと「ブサ可愛い」雰囲気の物が多いです。スウェーデン人も遊び心ある「かわいい」物が大好きです。日本では近年、北欧デザインがとても人気ありますが、逆にスウェーデンにおいても日本のデザインはとても人気があります。

そこに共通する点は「シンプル」「かわいい」「クオリティーの良さ」「癒し」だと私は考えていますが、まさにその4つのポイントをしっかり押さえているのがリサの作品の魅力と言っても過言ではないでしょう。

スウェーデン人の一般家庭を訪問すると、多くの家にリサの作品がさりげなく棚や窓際に飾られています。リサの作品は北欧の家に自然に溶け込みやすく、人々を優しく和ませてくれます。

リサ・ラーソン
リサ・ラーソン
リサ・ラーソン
リサ・ラーソン

TEXT : 佐藤公美

BACK NUMBER